年を重ねてもいつまでも衰え知らずの身体を維持したい、という願いは誰しもが持っていることでしょう。

この願いを実現するひとつの鍵となるのが「HBMカルシウム」です。

実際に、HBMカルシウムをサプリメントとして摂取することが、高齢者の筋肉減少の対策として有用であることが報告されており、高齢者世代だけでなく、スポーツ業界や美容業界などでもHBMカルシウムは注目されています。

もし、あなたが年を重ねても衰え知らずの身体を維持したいと願っているのならば、ぜひ、このページを読んでみてください。なぜHBMカルシウムがこの願いを実現する手助けとなるのかが具体的に理解できます。

そして、あなたも年を重ねても衰え知らずの身体を維持することが可能になるはずです。

「HMB」には筋肉の合成や分解抑制の働きがあります

私たち人間が体内で作り出すことのできないアミノ酸をまとめて、必須アミノ酸といいます。必須アミノ酸は全部で9種類ありますが、そのひとつにロイシンというアミノ酸があります。

HMBはこのロイシンの代謝産物で、正式名称をβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸といい、食事などから摂取したロイシンによって体内で作られます。

体内で作られたHMBは、筋肉の合成を促進したり、筋肉が分解されたりするのを抑制する因子として働く機能があります。

「HBMカルシウム」とは

HMBカルシウムとは その名の通り 、筋肉の合成促進や筋肉の分解抑制の因子として働くHMBとカルシウムを結合させたもので、粉末状のサプリメントになっています。

このHMBカルシウムをサプリメントとして摂取することで、直接HMBを体内に摂取することが可能になるのです。

「HMBカルシウム」をロコモティブシンドロームの対策として摂取しましょう

一般的に、骨や関節、筋肉などの運動を司る器官は年齢を重ねるとともに衰えます。

そして、こうした運動器官の衰えによって、立ったり、歩いたりといった日常の基本的な運動動作を行うことが難しくなったり、介護が必要な状態や寝たきりの状態になること、または寝たきり状態になる可能性が高いことを「ロコモティブシンドローム」といいます。

高齢化社会が進む日本では、介護職の不足も大きな問題となっており、このロコモティブシンドロームを予防することが高齢化社会の課題のひとつとなっています。

そこで、ロコモティブシンドローム対策として注目されているのがHMBカルシウムです。

HMBカルシウムを摂取することが、ロコモティブシンドローム対策として有用であると現在注目されています。

ロコモティブシンドローム対策にHMBカルシウムを摂取したほうがよい理由

筋肉は、筋肉の合成と分解とのバランスが保たれることによって維持することができています。

しかし一般的に、人間は年齢を重ねるにつれ、この筋肉の合成と分解とのバランスを保つことが難しくなります。その結果、筋肉が減少するのです。

こうして筋肉が減少することを「サルコペニア」といい、サルコペニアはロコモティブシンドロームの症状のひとつになります。

HMBカルシウムをサプリメントとして摂取することが、筋肉の合成と分解のバランスを保つ助けとなり、高齢者のサルコペニアを予防することに効果が期待できると報告されています。

また、筋肉を守るHMBカルシウムはロコモティブシンドローム対策だけでなく、スポーツ業界や美容業界などの分野でも幅広く注目されています。

まとめ

・HMBカルシウムとは、筋肉の合成促進や分解抑制の因子として働くHMBとカルシウムを結合させた粉末状のサプリメントであり、筋肉の維持に働く。

・高齢化社会が進む日本では、年齢を重ねるとともに筋肉が減少し、運動機能が衰えるロコモティブシンドロームが問題になっている。

・HMBカルシウムを摂取することは、サルコペニアという筋肉の減少の対策として有用であり、ロコモティブシンドローム対策のほか、幅広い業界でも注目されている。

ここまで読んでいただけた皆さまには、なぜHMBカルシウムがロコモティブシンドローム対策として有用であるのかご理解いただけたかと思います。

HMBカルシウムをサプリメントとして摂取することは、「いつまでも衰え知らずの身体でいたい」という私たちの願いを実現する手助けとなります。

HMBカルシウムは誰でも手軽に摂取することのできるサプリメントです。

年齢を重ねても若々しい身体でいたいと思われる方は、ぜひ今からHMBカルシウムを試してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事